〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

24時間受付

お問い合わせフォームから予約する

Blog

ブログ

中高年の膝が心配です!半月板損傷しているかも!気づきにくい受傷機転があるんです…


中高年の膝が心配です!半月板損傷しているかも!気づきにくい受傷機転があるんです…

はじめに

スポーツ分野ではよく耳にする「半月板損傷」

しかしスポーツ以外にも受傷機転は潜んでいます…

気になる加齢との関係も踏まえて解説していきたいと思います

 

目次

1.半月板の役割とは?

2.半月板の受傷機転とは?

3.「加齢」は重要なファクター

4.中高年の方に行って頂きたい半月板損傷対策とは?

 

半月板の役割とは?

半月板は膝の中に入っている組織です

大腿骨と脛骨のかみ合わせをよくするために必要なパーツです

 

これが無いと

骨の間に隙間が出来て膝がぐらぐらになりますし

衝撃が分散せずダイレクトに骨に伝わるようになったりもします

 

半月板のおかげで膝は安定して使えますし

衝撃を分散して骨へのダメージを減らしてくれています

 

半月板の受傷機転とは?

 

ざっくり言ってしまえば

「体重がかかっている状況で、膝を曲げた状態で、膝をひねる」

「勢いよく膝を伸ばす」

これにつきます

 

サッカーなどで急なターンをしたり、スライディングされて膝をひねったり

バレーやバスケでジャンプして着地したところでよろめいたり

ジョギングしててつまづいたり

水泳の平泳ぎのキックは半月板を損傷しにいってるようなものです

 

このようにスポーツと半月板損傷は切っても切れない仲と言えます

 

しかし最近では中高年の半月板損傷も目立つようになってきています

 

例えば

法事の席で正座から立とうとしたとき

こたつから立とうとしたとき

外食で座敷から立とうとしたとき

 

これらは比較的わかりやすい受傷機転がありますが

 

ただ普通に生活していただけで半月板が損傷していたなんてケースを聞くこともあります

 

なぜ受傷機転もなく半月板損傷が起こってしまうのでしょうか?

 

 

「加齢」は重要なファクター

そうですズバリ「加齢」が影響しています

 

年を重ねるごとに身体から水分が抜けていきます

 

生まれたての赤ちゃんは水分量が80~90%もあります

牛乳の水分量は87%くらいなので赤ちゃんは牛乳並みにみずみずしいです

 

これに比べて

高齢者の水分量は50%と言われています

ピーナツがだいたい水分量50%です…かっさかさです

 

年齢を重ねると

おそろしいほどに身体から水分が抜けていきます

 

もちろん半月板からも水分が抜けていきます

(半月板は健常成人で水分量が70%

枝豆がだいたい水分量70%くらいです)

 

加齢により水分が抜けた半月板はパサパサになります

 

みずみずしいクッションだった半月板が

パサパサに…

 

こうなるとちょっとしたはずみで半月板が裂けたり割れたりしてしまうんです

(弾力のある枝豆がパサパサのピーナツに…)

 

中高年の方に行って頂きたい半月板損傷対策とは?

 

水分の少なくなってしまった半月板に

もう一度水分を補給するのは至難の業です…

再生医療の発展を待つしか方法は無いんじゃないでしょうか…

 

出来ることは

「今ある半月板にムリをさせない」

 

方法としては

・正座から立つときはいったん四つ這いになってから立ち上がる

・ショッピングセンターないではショッピングカートを使って体重を逃がす

・膝の筋肉を鍛える

などがあります

 

歩きの専門家に歩き方を調整してもらって

なるべく半月板に負担のかからない歩き方に矯正してもらう

なんて方法もあったりします

 

最近ではオーダーメードインソールを作っているお店もあったりするので

お近くのお店をチェックしてみるのもいいかもしれないですね!

 

 

まとめ

膝に負担をかけない生活を避けて

今ある半月板を大切にしましょう!

 

body conditioning MOVEでは

体の痛みやパフォーマンスの向上を中心にケアしています!

ピラティスやオーダーメードインソールの作成も行っていますので

ご興味ある方はぜひご連絡ください!

お待ちしております!

ホームページでの予約はこちらから!

http://bc-move.com/

お電話での予約はこちらから!

029-350-3530

 

 

 

 

 

 

中高年の膝が心配です!半月板損傷しているかも!気づきにくい受傷機転があるんです…
pagetop