〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

24時間受付

お問い合わせフォームから予約する

Blog

ブログ

「骨格のゆがみ、くずれ」が腰痛の原因!?


「骨格のゆがみ、くずれ」が腰痛の原因!?

 

 

 

腰痛や肩こりの原因は「筋肉」ではなく「骨格」にある。

 

腰痛は腰を揉んでも良くならない。肩こりは肩を揉んでも良くならない。

これが前回の記事の内容でした。今回は「腰痛の原因となる骨格のズレ」に関してお話をしていきます。

身体は7つのユニットで構成されている

骨格は各ユニットが互いに連動して機能しています。例えば、お辞儀する時に、首だけ動かしても下を向けません。首を含めた頭部、胸郭、骨盤が連動して「しなやかなお辞儀」が可能になります。

このように人間の骨格は、個々の骨が組み合わされたユニットがあり、そのユニットの集合体として構成されています。

頭部、胸郭、骨盤の3つの大きなユニット・股関節から2本の脚・肩から2本の腕 以上の7ユニットで構成されています。

このユニットが連動して動くことでスムーズな動きが実現しています。

腰痛の原因はユニット間のゆがみ

腰痛の原因として胸郭・骨盤・両下肢のゆがみが原因になっている事が多いです。

 

骨格由来の腰痛の原因として

 

・骨盤と両下肢が原因の下半身由来の腰痛

・胸郭と骨盤の関係が原因の上半身由来の腰痛

 

以上の2つに分けられます。

下半身由来の腰痛は、身体の左右の重心がどちらかに偏ったまま筋肉が柔軟性を失い、骨盤に傾斜が起き、その影響で連動する部位もストレスがかかり痛みを引き起こします。

 

上半身由来の腰痛は、首・両肩・脊椎にかけての筋肉が緊張し、上半身が柔軟性を失うことで胸郭がゆがみ、その影響で骨盤との位置関係にずれが生じ痛みを引き起こします。

臨床の現場では、この二つの要因の鑑別が非常に大事になります。

 

このような「骨格のずれ」は些細なことで起こります。例えば、「数年前の捻挫によって、長い年月を経てズレが大きくなり腰痛が生じる」「転んで肩を打って、肩は完治したが、なぜか腰痛がになってしまった」このように、昔の古傷から骨格のズレが生じているケースは多々あります。

そのため、のぞみ整体院では問診を大切にしています。クライアント様自身が忘れてしまうような些細なケガでも身体に影響を与える可能性がある為、じっくりと話をして腰痛が出るまでの【ストーリー】を聞き出すことが原因治療の9割を占めているんです!

この問診から腰痛の原因が下半身由来か上半身由来かを鑑別して、治療対象を決めていくのです。

 

「骨格のゆがみ、くずれ」が腰痛の原因!?
pagetop