〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

Blog

ブログ

そもそも四十肩、五十肩の原因は!!


そもそも四十肩、五十肩の原因は!!

 

 

そもそも四十肩・五十肩ってどんな症状?

 

  • ・腕を動かしたり上げると痛い
  • ・腕を後ろに回せない
  • ・肩が抜けるようにズキンと痛くなる
  • ・毎日の着替えも辛い
  • ・急に肩が痛くなった
  • ・遠くの物をとろうとする時や、後ろの物を取ろうとすると必ず痛む
  • ・寝違いの状態がずっと続いている
  • ・肩から二の腕にかけて痛ダルイ感じがある
  • ・腕を回すと関節がカクッカクッと音がして痛みがある
  • ・肩が抜けたような感じがするとシビレが出る

などが挙げられ、人によって、場所も程度もそれぞれ違います。

 

これらの症状で病院などへ行くとシップをもらったり、痛み止めの注射をうったりします。また、動かす方が良いと言われ、ストレッチなど行いますが、良くなるどころか、肩の痛みは強くなる人もいます。

 

四十肩、五十肩の原因は?

 

 

 

四十肩や五十肩は別名「肩関節周囲炎」と呼ばれており、肩関節周辺が炎症を起こすことで肩が痛み、関節の動きが制限される症状を言います。肩が上がらなくなり、症状によっては髪をセットしたり、服を着替えたりすることが難しくなる場合もあります。

40代~50代の中高年以降に発症することが多いためこのような病名がついていますが、普段から運動などをしている健康な人でも、運動不足でメタボ体質の人も発症することがあります。

身近な病気であるものの、はっきりとした原因は明らかにされていない四十肩や五十肩ですが、関節を構成する骨や軟骨、靭帯などが老化し、肩関節の周辺組織に炎症が起こることで痛みが生じると考えられています。

肩には関節の動きを良くする部分(肩峰下滑液包や関節包)がありますが、四十肩や五十肩になるとこの袋が炎症により癒着することがあります。こうなってしまうとさらに肩が動かせなくなり、いわゆる固まった状態になってしまいます。癒着してしまうと仮に炎症が治った場合でも、なかなか肩が元通りにならないこともあるので十分に注意しなければいけません。

 

ご参考になりましたでしょうか?

pagetop