〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

Blog

ブログ

脊柱管狭窄症は背中を伸ばすと楽になる!?自宅で出来る簡単トレーニングをご紹介!


脊柱管狭窄症は背中を伸ばすと楽になる!?自宅で出来る簡単トレーニングをご紹介!

 

 

はじめに

 

腰の痛みや足の痺れ、脱力感、感覚の異常

様々な症状の出る「脊柱管狭窄症」。

 

とにかく「反り腰」を避けることが重要。

 

しかし常に猫背でいるわけにも

 

猫背は猫背で腰痛の原因になることも

 

どうしたらいいのか?

 

結論としては「伸ばす」ことが大切

 

「反る」ではなく「伸ばす」

 

似ているようで全然違う「反る」と「伸ばす」

 

今回は背中を「伸ばす」ことにフォーカスして

脊柱管狭窄症へのアプローチを紹介していきます!

 

目次

 

1.脊柱管狭窄症と背中の関係は?

2.「背筋を伸ばす」方法とは?

 

脊柱管狭窄症と背中の関係は?

 

脊柱管狭窄症といえば「反り腰」

これがまずいというのは有名な話です

 

腰を反ることによって

神経が圧迫されてしまい

症状が出てきます

 

普段の立っている姿勢が「反り腰」だと

立っている間はずっと神経に圧迫が入ります

 

なのでたまに座ったりして

神経の圧迫をゆるめないといられないわけです

 

では「反り腰」を何とかすればいい!

そうなりますよね!

 

そこでよくおススメされるのが

「腹筋運動」

 

最近ではただの腹筋は効果がないというのは

誰しも聞いたことがありますよね

 

そこで「インナーマッスル」を鍛えるのが重要!

という話が出ました

 

これもよく聞く話ですね

 

方法は「深呼吸」が多いようですね

 

しかし

正直あまり効果出ないです

深呼吸くらいで治ったら

お医者さんいりませんし

 

「反り腰」を手術以外でどうにかするなら

もっと全身的に変える必要があります

 

そもそもなんで「反り腰」になったのか?

それを考えずに姿勢を正そうなんて

 

底に穴の開いたコップに水を入れて

「なんで水が減るのだろう?」

「水を入れ続けないと!」

 

こんな感じだと思います

 

話が脱線気味ですね!

話を戻しましょう!

 

どうして「反り腰」が出るのか?

1つの原因は「背中」にあります

 

特に「胸椎」と呼ばれる部分

ここの問題が重要です

 

現代社会はとにかく

この「胸椎」が丸くなりやすいです

 

デスクワーク、読書、お皿洗い、料理、洗顔

多くのことが背中(=胸椎)を丸める動作ばかりです

 

身体は日々の習慣に合わせて変化していきます

背中を丸くする作業が多ければ

基本の姿勢を「背中を丸める」状態にします

こうして背中が丸くなるとなにが起こるか?

 

それは

 

身体をまっすぐにするのを

「腰」に任せる

 

これが始まります

 

どういうことかというと

 

「反り腰」にして

「背中の丸み」を相殺する

こういうことをしてきます

 

こうやって「反り腰」が生まれます

 

なので

「背中(=胸椎)」を伸ばすことが重要です!

 

「伸ばす」方法とは?

おススメは

「プローンプレスアップ」

 

方法

1.うつ伏せになります

2.アゴを引きます

3.みぞおちのあたりまで身体を起こします

4.繰り返します

1103セットくらいから始めてみましょう!

 

注意点

・腰で反らないように!

どうしても腰が反る場合はお腹にクッションや枕を入れて行いましょう

腰が反りづらくなります

 

・背中(=胸椎)を意識して行いましょう!

肩甲骨と肩甲骨の間のあたりの背骨が反っていくようなイメージで!

 

・息を吐きながら行い、お腹を引き締めておきましょう!

腰が反りにくくなりますよ!

 

背中のあたりに痛みが出ることがありますが

普段使っていない筋肉なのであっという間に

筋肉痛になります

 

ムリせず少しずつ始めていきましょう!

 

まとめ

 

「反り腰」は「腰」だけの問題ではない!

全身の崩れが影響して「反り腰」になっている!

 

body conditioning MOVEでは

理学療法士が

体の痛みやパフォーマンスの向上を中心にケアしています!

ご興味ある方はぜひご連絡・ご相談ください!

メッセージ・お電話お待ちしております!

ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちらから!

http://bc-move.com/

お電話でのご相談・ご予約はこちらから!

029-350-3530

pagetop