〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

24時間受付

お問い合わせフォームから予約する

Blog

ブログ

体幹を鍛え野球肘を治そう!効果的な体幹の鍛え方とは!


体幹を鍛え野球肘を治そう!効果的な体幹の鍛え方とは!

 

 

はじめに

 

痛い→休む→投げる…

このループから抜け出したい

 

肘の鍛え方は教わった

だけど「痛みと投げる」のループから抜け出せない

 

体幹の鍛え方は聞いたことがありますか?

 

聞いたことがある?

 

それは「野球肘のための体幹の鍛え方」ですか?

 

体幹も目的に応じて鍛え方が違います

 

競技特性に合わせた鍛え方がもちろんあります

 

今回は「野球肘のための鍛え方」をご紹介します!

 

目次

 

1.野球肘と体幹の関係

2.野球肘のための体幹トレーニング

3.まとめ

 

野球肘と体幹の関係

 

よくある対策としては

「肘下がりの防止」

「前腕のストレッチ」

この2点が代表的です

 

もちろんこの2点は非常に大切な要素です

 

ボールを投げるためには

→前腕→上腕→肩甲骨(=上肢帯)

これが必要

 

肘下がりと前腕のストレッチは上肢帯を主眼に置いたアプローチと言えるでしょう

 

上肢帯へのアプローチで効果が出ないなら

「上肢帯の先に問題がある」と考えていく必要があります

 

上肢帯の先とは?

 

肩甲骨の先にあるものは

 

「上肢帯→鎖骨→胸骨→胸郭・胸椎」

 

いわゆる体幹です

 

体幹と言ってもかなり幅があるので

 

今回は「胸郭・胸椎」部分を主として考えていきます

 

「胸郭・胸椎」と野球肘の関係とは?

野球肘で問題となる動作に

「肘を前方に振るタイミングが早い」

これがあります

 

腕の加速を作るための戦略と考えられます

 

肘を前方に出すことで

前腕が相対的に後ろに位置します

 

これによって

肘に「引き伸ばされる力」がかかります

 

この「引き延ばされる力」がかかった後には

「元に戻ろうとする力」がかかってきます

 

この力を利用して腕を加速させています

 

これを利用しすぎると肘に負担がかかり「野球肘」になっていきます

 

つまり「肘~前腕による腕の加速」から脱却しなければなりません

 

そこで「胸郭・胸椎」の利用を考えます

 

「胸郭・胸椎」を利用した加速とは?

加速を生み出すためには

「引き延ばす力」をためることが重要です

 

「胸椎・胸郭」に「引き延ばす力」をためる方法を編み出せばよいわけです

 

胸椎が動く方向は

「回旋」

 

身体をねじる動きに有利な構造をしています

 

ねじる方向に良く動くので

たくさんねじって、たくさん「引き延ばす力」をため込めば

腕を加速させる補助が出来ます

 

そこで今回は「胸椎をねじる」

この力を生み出すための

体幹の鍛え方を紹介します

 

野球肘のための体幹トレーニング

 

注意したいのは

たいていの人は「胸椎」をねじるのが非常に苦手です

ほとんど動かすことが出来ません

 

ねじっているのが「腰」になっていることが多いです

 

なのでこれからご紹介するエクササイズを行うときは

「腰は動かさない」

これに最大限の注意を払って行いましょう!

 

胸椎をねじる:「マーメイド」

1.あぐらで座ります

2.手を横に開きます

3.身体を横に倒します

4.脇の下をのぞき込みます

5.もとの姿勢(2の姿勢)に戻ります

6.逆側も行います

7.繰り返します

 

コツ

・身体を倒すときは「伸びる」ことを意識しましょう!

・背骨の隙間となるべく広げるように!

・身体をねじるときは「胸」の向きを変えるように意識して行う!

 

まとめ

 

胸椎の力で腕を加速させられるようになって

野球肘を防止!球速も上がるかも?

 

 

body conditioning MOVEでは

理学療法士が

体の痛みやパフォーマンスの向上を中心にケアしています!

ご興味ある方はぜひご連絡・ご相談ください!

メッセージ・お電話お待ちしております!

ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちらから!

http://bc-move.com/

お電話でのご相談・ご予約はこちらから!

029-350-3530

体幹を鍛え野球肘を治そう!効果的な体幹の鍛え方とは!
pagetop