〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

24時間受付

お問い合わせフォームから予約する

Blog

ブログ

バトミントンをやる方必見!椎間板ヘルニアにならないために!


バドミントンをやる方必見!椎間板ヘルニアにならないために!

 

 

今日から出来る予防法をご紹介!

 

 

はじめに

 

競技力が上がれば上がるほど故障している選手は多いですね…

なかでも椎間板ヘルニアで腰痛・足の痺れを訴える選手は少なくなく
長く症状を引きずっている方が多かったです

そこで今回はバドミントンで椎間板ヘルニアにならないための
予防法をご紹介します!

また、予防法を実践していくことで
いまある椎間板ヘルニアの症状も楽になることもあるので
すでに症状で悩んでいる方も必見です!

目次

 

1.バドミントンで椎間板ヘルニアになるのはどうして?

2.今日からできる対策!

バドミントンで椎間板ヘルニアになるのはどうして?

 

原因としては「腰の使いすぎ」があげられます

椎間板ヘルニアは
「腰を丸めるクセがある」
というのが原因の1つにあります

何度も何度も腰を丸める動作を繰り返し行っていると
椎間板が変性していきます

また腰を丸める姿勢は
椎間板を背中方向に押し出しやすくしてしまいますし

その姿勢が長く続くと
「クリープ現象」といって
腰を支える筋や軟部組織が伸びていってしまい

さらに椎間板が押し出されやすくなってしまいます…

それを踏まえて
バドミントンで起こりやすい
椎間板ヘルニアになってしまう
注意したい2つの動作を紹介します

1.待機姿勢で腰が丸い

待機している状態で
腰が丸くなっているとまずいです…

プレー中ほとんど常に椎間板へ負担がかかっています
自分の待機姿勢がどうなっているか
ほかの選手に写真をとってもらいましょう!

2.前方へのステップ時の身体の使い方

ドロップやカットを打たれてネット際へステップしたり
サイドに散らされて身体を深く前傾したときも
注意が必要です

この時に身体をどこから倒しているでしょうか?
腰を丸めて身体を倒している人は要注意です!

  1. この動き方はとてつもなく腰がかかります

    もはや自分から椎間板ヘルニアになろうとしているといってもいいくらいです…

    プレー中にサイドから
    動画撮影してもらってみてください

    自分で思っているより腰を丸めていることがわかります…

    今日からできる対策!

まずは待機姿勢の修正です!

身体を倒す位置を腰から
「股関節」にしましょう
太ももの付け根から身体を前に倒すように!
背中から骨盤までが直線状になるよう意識してみましょう!

2つ目は前方へのステップです!

こちらも待機姿勢同様に
背中から骨盤までが直線上になるように!
身体を倒す位置を股関節にするようにしましょう!

この2点を注意してプレーするだけでも
かなり腰への負担を減らすことが出来ます!

椎間板ヘルニアでお悩みの選手はぜひ今日から実践してみてください!

しかしフォームを変えるのは中々難しいです…
プレー中にフォームを意識する余裕なんてほとんどありません…

なので!
基礎打ちの時や準備運動の時など
フォームへ意識が向けられる時は積極的に
フォーム改善を行っていきましょう!

フォームが変わると
一時的に競技力が落ちたりすることも正直あります…

しかし故障してしまっては
プレーすることもままなりません…

長い目で見た時に非常に価値ある練習ですので
ぜひ長い目でフォーム修正を捉えて頂ければと思います。

まとめ

 

腰を丸めてはならない!
長い目でみればフォーム修正は非常に大切なトレーニング!

body conditioning MOVEでは
理学療法士が
体の痛みやパフォーマンスの向上を中心にケアしています!
ご興味ある方はぜひご連絡・ご相談ください!
メッセージ・お電話お待ちしております!
ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちらから!
http://bc-move.com/
お電話でのご相談・ご予約はこちらから!
029-350-3530

pagetop