〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

Blog

ブログ

サッカー、ラグビー選手必見!起こりやすい怪我とは?その原因は?


サッカー、ラグビー選手必見!起こりやすい怪我とは?その原因は?

 

こんにちは!ボディーコンディショニング ムーヴの柴崎です。

 

今回はサッカーやラグビー選手に共通する、怪我とは何かをご説明致します。

 

 

サッカーやラグビーで怪我を予防するには、どのような種類の怪我が多く起こるのか、またどんな場面で怪我が起こり、それを予防するためにはどうすればいいのか知っておくことがとても重要です。

 

怪我をしてしまうとレギューラー落ちをしたり、ライバルチームに試合で負けたりして、悔しい思いをしてしまいますよね。

今回は、サッカーやラグビーで多い怪我の種類や怪我の内容、予防や治療法まで一挙大公開していきます。

選手や学生はもちろんですが、指導者や保護者の方も必ず知っておくべき知識です。

 

 

スポーツに怪我はつきものですが、怪我によってはレギュラーを取れるかどうか、また3年間思いっきり部活動を行えるのかどうか、天と地の差ほど大きく違ってきます。

怪我をしてしまうと、必ずといっていいほどパフォーマンス力が落ちてしまいますし、競技復帰まで時間がかかります。

チームの中心的選手であれば、ライバルチームに負けてしまうかもしれません。

レギュラー争いをしている選手であれば、レギュラーになることは難しいでしょう。

さらに、学生の場合は部活ができる期間は約3年間しかありません。

靭帯損傷など大怪我をしてしまうと、復帰まで1年程度かかってしまうこともあります。

怪我をして復帰できずにそのまま引退してしまった学生もいます。

私も実際に多くの学生や選手をリハビリしてきましたが、復帰できずに引退してしまった人もいました。

このように怪我をきっかけに、選手生命が大きく変わってしまいます。

そうならないためにも、しっかりと怪我について知り、理解しておくことが大切なのです。

これは選手や指導者だけでなく、選手をサポートする保護者の方も知っておくことで、さまざまな視点から選手をバックアップできます。

サッカーで多い怪我ランキング

サッカーJリーグで過去の外傷の統計を取った報告がありますので、それを参考に多い怪我について紹介します。

 

発生部位ランキング

 

まずは発生部位のランキングです。(全体に対しの割合)

〜部位別ランキング〜

①下肢:63.5%

②頭頚部:19.5%

③上肢:10%未満 体幹:10%未満

圧倒的に下肢が多く、続いて頭頚部、上肢・体幹の順となっています。

なぜ頭頚部が多いのか疑問に思った方もいると思います。

サッカーはヘディングが多いですよね。

ヘディングによって、首を痛めることも少なくありません。

脳振盪(のうしんとう)などもこれに含まれます。

学生レベルでは、頭頚部の外傷の割合はもう少し低くなりますが、『サッカーでも脳振盪が起こる』ということは、必ず覚えておきましょう。

 

 

 

下肢で多い怪我とは?

 

サッカーやラグビーで多い下肢の怪我についてご紹介していきます。

捻挫とは

捻挫は、サッカーやラグビーに限らずスポーツで特に多い外傷の一つです。

“捻挫ぐらいなら大丈夫”と思う方が多くいますが、

それはかなり危険です。

捻挫は、実は足首の外側にある外側側副靭帯の損傷です。

つまり、『捻挫=靭帯損傷』であるため、しっかりと治療する必要があります。

無理に競技に復帰すると、捻挫グセや痛みが継続しやすいため、注意が必要です。

捻挫直後は、まずRICE療法を行います。

患部を冷やし、挙上や圧迫をすることで炎症症状を出来る限り抑えます。

 

ご参考になりましたでしょうか。

 

次回は炎症症状を抑えるRICE療法についご説明します。

 

pagetop