〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

24時間受付

お問い合わせフォームから予約する

Blog

ブログ

半月板損傷って診断されたら!


半月板損傷って診断されたら!

 

こんにちは。ボディーコンディショニングムーブの柴崎です。

 

今回はスポーツ選手や、膝に悩みがある方の半月板損傷について書いて行きたいと思います。

 

半月板損傷とは?

半月板損傷は、膝の外傷の一つです。
膝には半月板といって、クッションの役割をするものがあります。
膝は大腿骨と脛骨、膝蓋骨から構成され、大腿骨と脛骨の間に半月板があります。

半月板には、内側にある内側半月板(ないそくはんげつばん)と外側にある外側半月板(がいそくはんげつばん)があります。
 
半月板損傷が起こると、膝の引っかかりや痛み、炎症症状などが生じます。
半月板損傷後は、まず保存療法でリハビリを行いますが、それでも改善しない場合は関節鏡手術を行います。
 
手術後、リハビリをしっかりと行うことでスポーツ復帰は十分可能です。
手術からおよそ6~9ヶ月程度でのスポーツ復帰になります。
 
半月板の詳しい機能
①関節の適合性を良くする
②緩衝作用(クッション作用)
③関節可動域を適正に保つ
④関節内圧を均等化する
⑤滑液を分散させる
 
半月板があることで衝撃による大腿骨と脛骨へのダメージが軽減されています。
半月板の血行は外側の10~30%のみに存在し、真ん中と内側は血行が乏しくなっています。

半月板損傷の手術の一例
半月板損傷の手術は関節鏡視下手術で行います。
関節鏡視下手術とは膝に小さな穴を3箇所程度あけ、そこから細い管を入れ手術を行います。
管からは小型のカメラを入れモニターで拡大して映し手術を行います。
小さな穴は数ミリ程度位であり、手術で大きく切ることはありません。
 
手術では半月板の切除術や縫合術を行いますが、基本的に半月板や軟骨は再生しません。
そのため手術をしても半月板が元に戻るというわけではありません。

 

ご参考になれば幸いです。

 

当院では膝の悩みを抱えた方が多くいらっしゃいます。

 

ぜひ、お悩みを聞かせてください。

 

必ず改善に導きます!!

pagetop