〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

Blog

ブログ

坐骨神経痛の柔軟体操は?


坐骨神経痛の柔軟体操は?

 

こんにちは。水戸市赤塚駅で整体院をしています、ボディコンディショニング ムーブの柴崎です。

 

前回に引き続き坐骨神経痛についてご説明致します。

 

柔軟体操が必要な理由

 

坐骨神経痛の人では股関節や腰が硬くなっている人が多いです。関節が硬いままだとせっかく腰周り・股関節周りの筋肉をストレッチを行ってもまた硬くなってしまいます。

坐骨神経痛の人は筋肉のストレッチと同時に腰と股関節の柔軟性をあげる運動をしていく必要があります。

 

坐骨神経痛の股関節と腰の柔軟体操

 

ここでは坐骨神経痛の人が行う柔軟体操を5種類紹介します。柔軟体操を行う上で下記のことに注意してください。

①呼吸をしながら行いましょう。息を止めないように注意しましょう。

②個別に指定されている時間を守りましょう。短すぎると効果がありませんので、ご注意ください。

③痛みが出たときは中止しましょう。
このことに注意して、下記の柔軟体操5種類を行いましょう。

 

①腰ねじり体操
1、横になり両ひざを立てます。
2、両ひざをゆっくり倒します。

10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。

 

②あぐらでおじぎ動作
1.あぐら姿勢をとり、このとき両足の裏を合わせましょう。

2.ゆっくりと体を前に倒します。※このとき腰を伸ばしたまま胸から倒すようなイメージで行いましょう。腰椎椎間板ヘルニアの人は腰に痛みが出やすい姿勢なので、痛みが出た場合は中止しましょう。

10秒からはじめ、痛みがでない人は30秒まで頑張りましょう。

 

③足まげ運動
1、寝た姿勢で、片足のひざを曲げます。
2、両手でひざを持ち、胸のほうに向けて引きあげます。

10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。

 

④足回し体操
1、寝た姿勢から足を上げて、つま先で円を描くように動かしていきましょう。
時計回りで5回、その後反時計回りで5回行いましょう。徐々に円を大きくしていきましょう。

 

⑤腰回し体操
1、立ち姿勢で、腰に手を添えて、腰を回します。
時計回りで5回、その後反時計回りで5回行いましょう。徐々に円を大きくしていきましょう。
以上、坐骨神経痛の人が行う股関節と腰の柔軟体操5種類となります。筋肉と関節を柔軟にすることは坐骨神経痛の治療において欠かせません。毎日コツコツ、継続して取り組んでみましょう。

 

以上坐骨神経痛についてでした。
また次回ご期待ください。

坐骨神経痛の柔軟体操は?
pagetop