〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

Blog

ブログ

サッカー選手必見!あなたは怪我をしやすい膝の靭帯ですか?!


サッカー選手必見!あなたは怪我をしやすい膝の靭帯ですか?!

 

前十字靭帯損傷の受傷場面、対応方やトレーニング方法を解説

 

 

こんにちは。水戸市赤塚駅で整体院をしています、ボディコンディショニング ムーブの柴崎です。

 

スポーツにおいてケガはつきものです。

Jリーガーでもケガを抱えながらプレーをされている選手は大勢いいます。

ケガをしないことに越したことはありませんが、大切なのはケガをしてもうまくコントロールしてプレーをすることです。

今回はサッカーにおける前十字靭帯損傷の特性、プレー中の受傷場面の紹介、対応方やトレーニング法についてご紹介します。

 

 

サッカープレーヤーのケガの頻度とは?ケガに対して何をしているの?

 

みなさんは、どのくらいの数で外傷や障害が起こっていると思いますか?

 

あるJリーグチームでは年平均約52件の外傷や障害があります。

これを一人当たりにすると年平均1.7件となっています。

これからわかるようにプロのサッカー選手は全員一年間に1〜2回程度の外傷や障害が起こっています。

ケガの内容として、肉離れと靭帯損傷の二つで60%をしめ、残りは打撲や骨折など様々になっています。

 

 

しかしケガをしながらも高いレベルでプレーをすることができるのはなぜでしょうか?

 

それはケガとうまく向きありプレーをされているからです。

ではケガとうまく向き合うとはどういうことなのでしょうか?

 

『ケガとうまく向き合う=体の状態を把握できている』ことです。

スポーツをされている方にとって自分の体の状態を把握できていることは非常に重要なことです。

 

体の状態を把握できるということは、体の疲労感や痛みの状態を把握できているということです。

 

疲労感や痛みを把握できていると、その日の運動負荷をどこまでかけていいのか、どこまでなら運動をしても大丈夫なのかを自己分析することができます。

 

この自己分析ができないと、オーバーユースになりケガが悪化したり、逆に運動負荷が少なすぎて身体機能が低下しパフォーマンスの質が低下してしまいます。

 

トッププレーヤーの方はこの自己分析が優れており、体のコンディションが悪くても悪いなりにその時にできる最高のパフォーマンスをされています。

 

そのため常に高いレベルでプレーをすることができます。

 

トレーニングをやみくもにガンガン行うのではなく、その日その日のコンディションに合わせメニューを足したり・引いたりすることがとても大切です。

 

先日テレビで放送されていた体操選手は体重をコンントロールされており、数百グラム変動するだけでパフォーマンスに影響が出るとのことでした。

 

体の状態の自己分析や自己管理をすることが、パフォーマンスを向上させるためにとても重要な因子の一つとなります。

 

サッカーで前十字靭帯損傷が起こりやすい場面とは?

 

前十字靭帯損傷とは非接触型による受傷が約70%です。

膝関節に外反ストレスに加え回旋ストレスが加わることで前十字靭帯損傷が起こります。

 

 

前十字靭帯損傷には競技ごとに特徴的な受傷パターンがある報告しているものもあります。

サッカーで前十字靭帯損傷が起こる可能性がある場面として、キック動作、カッティング動作、ジャンプでの着地動作が挙げられます。

 

次回はサッカー選手の具体的な怪我とトレレーニングについて解説していきます。

 

 

 

サッカー選手必見!あなたは怪我をしやすい膝の靭帯ですか?!
pagetop