〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

24時間受付

お問い合わせフォームから予約する

Blog

ブログ

脚に力が入らない?それ脊柱管狭窄症かも!簡単にできる予防トレーニングは!


脚に力が入らない?それ脊柱管狭窄症かも!簡単にできる予防トレーニングは

はじめに

 

家のサッシにつまづいた

歩道と道路の境目にひっかかった

階段を上ろうとしたら転びそうになった

 

こんな体験ありませんか?

 

もしかしたら

「脊柱管狭窄症」かもしれません

 

つまづいたり、転んだりが

「脊柱管狭窄症」とどんな関連があるのか

徹底解説していきます!

 

目次

 

1.つまづきと脊柱管狭窄症の関係

2.予防トレーニング

 

つまづきと脊柱管狭窄症の関係

 

「脊柱管狭窄症」と聞くと

腰痛のイメージが強い方もいらっしゃると思います

 

実際、病院で「脊柱管狭窄症」の診断を受ける方は

「腰痛を何とかしてほしい」と思って病院に来る方が多いようです

 

そのため世間的には

「脊柱管狭窄症」=「腰痛」のような

イメージが出来ている印象です

 

しかし

「脊柱管狭窄症」は神経を圧迫する疾患なので

痛み以外にもいろいろな症状が出ます

 

その1つが

「運動麻痺」です

 

運動麻痺の成り立ちをざっくり解説します!

 

神経の圧迫により

脳からの「身体を動かす」という信号が

伝わりにくくなります

 

そのため脳が思ってるより

「身体が動かなくなる」

 

これが「運動麻痺」です

 

腰部脊柱管狭窄症の場合は

腰の神経が圧迫された状態となります

 

腰の神経は脚へ

信号を伝える役割をしています

 

そのため

腰部脊柱管狭窄症となると

脚の運動麻痺がおこる可能性があるわけです

 

なのでつま先が上がりにくくなったりして

 

家のサッシにつまづいた

歩道と道路の境目にひっかかった

階段を上ろうとしたら転びそうになった

 

このような事が起こるわけです

 

足が悪いから足が上がらなくなるとは限らないわけですね

 

「運動麻痺」に気が付いたらどうすればいいのでしょうか?

 

まずは「整形外科に受診」しましょう!

 

自分の運動麻痺の程度を診てもらい

手術が必要なのか

薬や注射で症状が緩和できそうか

まずは医師に確認してもらいましょう

 

自分では気づかない場所に

「運動麻痺」が出ていることもあります

麻痺が出ている場所によっては

すぐに「手術」が必要なこともあります

 

「薬を渡されるだけだから行かなくていい」

と言わずにきちんとした検査をまず受けて

本当にほっといても大丈夫な状態か

確認しておきましょう!

 

以上を踏まえた上で

自分で出来る

予防・改善のためのトレーニングをご紹介していきたいと思います!

 

予防・改善トレーニング!

 

まずは腰の神経の圧迫を防ぐトレーニング

 

ハンドレッド

 

腹筋を働かせ、神経が圧迫された姿勢から解放するためのトレーニングです

 

方法

1.仰向けになります

2.両手で頭を抱え、肩甲骨が浮く程度まで身体を起こします

3.両足を持ち上げます

4.そのまま30秒維持します

 

コツ

下腹部が薄くなるようにお腹を引き込みます

腰と床の隙間がなくなるようにします

深呼吸しながら行いましょう!

息を吐くときはお腹の底から吐き出すように意識すると腹筋がより働きやすくなります

 

つまづき対策トレーニング

つま先を上げる筋肉・股関節を曲げる筋肉・腰の神経の圧迫を和らげる

この3つの要素を同時に鍛えるトレーニングです

 

1.イスに座ります

2.少し猫背になります

3.身体を後ろに少し倒します

4.つま先を上げながら両足を持ち上げます

5.そのまま10秒キープします

 

コツ

足を上げるときは息を吐くようにしましょう!

お腹の底から息を吐きだすことをイメージして行いましょう!

腰が反らないように注意です!

どうしても反ってしまう場合は両手でモモの後ろを抱えるようにしましょう!

 

まとめ

運動麻痺は脊柱管狭窄症の症状の1

整形外科に受診を!

予防のためには腹部のトレーニングが重要!

 

body conditioning MOVEでは
理学療法士が
体の痛みやパフォーマンスの向上を中心にケアしています!
ご興味ある方はぜひご連絡・ご相談ください!
メッセージ・お電話お待ちしております!
ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちらから!

http://bc-move.com/contact
お電話でのご相談・ご予約はこちらから!
tel:029-350-3530

 

脚に力が入らない?それ脊柱管狭窄症かも!簡単にできる予防トレーニングは!
pagetop