〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

24時間受付

お問い合わせフォームから予約する

Blog

ブログ

脇腹を鍛えると椎間板ヘルニアを予防になる?!


脇腹を鍛えると椎間板ヘルニアを予防になる?!

はじめに

 

あなたは脇腹に力を入れることができますか?

 

もし脇腹に力を入れることが出来ないなら

椎間板が痛んできているかもしれません

 

今回は「脇腹」をテーマに椎間板ヘルニアとの関連性や効果的なエクササイズをご紹介していきたいと思います。

 

目次

 

1.脇腹と椎間板ヘルニアの関連性とは?

2.脇腹に効果的なエクササイズはコレだ!

 

脇腹と椎間板ヘルニアの関連性とは?

 

椎間板ヘルニアは

椎間板が脊髄を圧迫することによって

発生する疾患です

 

ある日突然なんの前触れもなく

椎間板が脊髄を圧迫するわけでは

もちろんありません

 

原因としは

日々の生活習慣が

主な原因の一つです

 

日々の生活習慣って何?

 

かみ砕いてい言うと

普段の姿勢や体の使い方ですね

 

これが悪いと

椎間板にダメージが入ります

 

特に椎間板の後方は組織として

弱い構造になっているので

 

後方にストレスをかけるような

猫背は避けるようにと

雑誌やテレビやWEBなど

いろいろなところで

注意が促されています

 

しかし

実は猫背の注意以外にも

大事なことがあります!

 

それは

「ねじれ」

 

腰は5個の骨で

最大12°程度のねじれを出せる構造と言われています

 

逆に言うと12°以上

腰でねじろうとすると

椎間板にダメージが入るようになります

 

普段の歩き方やお仕事での動作を

振り返ってみると

 

腰をぐいぐいねじって歩いている

運搬作業で腰をねじって右から左へ運んでいる

 

ほかにも意識してみると

案外腰をねじって行う作業・運動が多い事に

気づけると思います

 

それではどうすればよいのか?

 

1つ大切になるのは

「腰のねじれを止める筋肉の使い方が分かるか?」

ということです

 

身体をひねった時に

腰を止めたまま

身体がねじれるでしょうか?

 

どうしても腰がねじれていまうのであれば

腰のねじれを止める筋肉の使い方を

忘れてしまっている可能性が高い!

 

腰のねじれを制御するのは脇腹にある

腹斜筋群です

 

これが働かないと

腰のねじれにブレーキをかけられず

骨や椎間板がねじれを止めるまで

ねじれ続けてしまいます

 

今回は腰のねじれを制御する方法を

思い出すエクササイズを紹介します!

 

脇腹に効果的なエクササイズはコレだ!

 

クリスクロス

身体のねじり方とねじりをゆっくりと戻す方法を思い出す練習です!

結構ハードですがその分効果も抜群!

 

方法

1.仰向けになります

2.両手で頭を後ろから抱え込みます

3.肩甲骨が離れるところまで身体を持ち上げます

4.両脚を持ち上げます

5.右肘と左膝を近づけていきます

6.もとの4.の姿勢に戻ります

7.逆サイドも行っていきます

 

コツ

お腹(腰)をねじらないように!

胸をねじるように!

ねじるときに息を吐くと、より強く胸でねじることができます

ねじれをほどくときはゆっくりと!

ねじれに対するブレーキを鍛えることを意識しましょう!

 

まとめ

 

腰でなく胸でねじれるようになって

椎間板のダメージを減らしていこう!

 

body conditioning MOVEでは
理学療法士が
体の痛みやパフォーマンスの向上を中心にケアしています!

 

ご興味ある方はぜひご連絡・ご相談ください!
メッセージ・お電話お待ちしております!
ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちらから!

http://bc-move.com/contact
お電話でのご相談・ご予約はこちらから!
tel:029-350-3530

脇腹を鍛えると椎間板ヘルニアを予防になる?!
pagetop