〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

24時間受付

お問い合わせフォームから予約する

Blog

ブログ

膝が痛い!それは股関節に問題があるかも?


膝が痛い!それは股関節に問題があるかも?

 

 

みなさんこんにちは。

水戸市赤塚駅前で整体院をしている、理学療法士の柴﨑です。

 

今回は膝痛に悩む方向けに、知っておくと得をする情報をご説明します。

 

はじめに

 

膝の痛みは、一般的に関節内の軟骨や半月板に負担がかかり、炎症が起きることで発症します。

平成26年の厚生労働省の患者調査によると、膝の痛みを抱えている方は全国で1000万人以上にも上ると言われています。

 

また、女性に多い傾向があり、男女比では男性の1.6倍もみられます。

ひどいケースになると、変形性膝関節症を引き起こしたりと、日常生活に大きな支障が出ることもある症状です。

 

そのため、膝の痛みを抱えている方は、一日も早く、痛みを引き起こしている根本的な原因を解決することが必要です。

 

 

膝の痛みは、悩んでいる方が多い一方、良くなる方が少ない症状です。

その原因の一つには、膝の痛みを引き起こす原因が数多くあり、また膝以外の場所が原因で引き起こされるケースが多いためです。

 

実は、膝の痛みに大きく関係しているのが、股関節です。

あなたは次のような悩みや不安を持っていませんか?

 

  • ・膝をレントゲンやMRIなどで検査しても、特に異常がなく、なぜ痛いのかが分からない
  • ・先天性股関節脱臼と診断されたことがあり、膝の痛みと関係していないか不安
  • ・最初は股関節だけが痛かったのに、最近では膝の痛みまでひどくなってきた

 

このような例は非常に多くみられます。

 

なぜ、股関節の問題によって膝の痛みが引き起こされるのでしょうか?

また、どのような対策を取れば良いのでしょうか?

 

股関節の問題が膝の痛みを引き起こす3つの理由

 

股関節の問題によって、膝の痛みが引き起こされる理由には、次の3つがあります。

 

1.股関節の動きが悪いと、膝が大きく動く必要があるから

 

日常生活で、膝の関節だけを動かすような動作はほとんどありません。

多くの場合、股関節や足首といった膝以外の関節も協調して動いています。

 

そのため、何らかの原因で股関節の動きが悪くなっていると、他の関節がより大きく動いてサポートする必要が出てきます。

股関節の動きが悪くなると、一番近い関節の骨盤と膝に大きな影響が出ます。

 

その結果、膝の関節に大きな負担がかかり、膝の痛みを引き起こす原因となります。

 

2.股関節が原因でO脚やX脚を引き起こすから

 

膝の関節でよくみられる問題の一つに、O脚やX脚があります。

そして、O脚やX脚は膝自体の問題はもちろんですが、股関節の影響を大きく受けています。

 

上の画像の赤い丸を見ると、股関節の角度が違うことが分かります。

股関節に問題が起きると、その影響は下肢全体に及び、膝の痛みを引き起こす原因となります。

 

また、実は極端なO脚やX脚ではなくても、膝の関節にバランスの崩れがあると、関節内の負担が一点に集中するため、痛みを引き起こす大きな原因になってしまいます。

 

3.体重のかかり方が変化するから

 

股関節に痛みがあると、無意識にかばってしまうため、体重のかかり方に左右のアンバランスが生まれます。

 

重心が傾くことで、膝への体重のかかり方も変化し、バランスのとれた一番負担の少ない状態ではなくなってしまいます。

その結果、負担が増して膝に痛みを引き起こす原因となります。

 

以上の3つが、股関節に問題が起きると、膝の痛みまで引き起こしてしまう理由です。

 

では、これらの股関節の問題に対して、どのような対策を取れば良いのでしょうか?

 

股関節の問題による膝の痛みへの対策とは?

 

股関節の問題による膝の痛みへの対策には、次の3つがあります。

 

1.しゃがむ動作を避ける

 

しゃがむという動作は、股関節や膝を深く曲げた状態で、体の重みを支える必要があります。

股関節や膝の深く曲がった状態では、筋力を発揮しにくく関節に負担がかかりやすくなってしまいます。

低い位置で何か長時間の動作をする際には、完全に腰を下ろしてしまい座った状態で行うか、あるいはできるかぎり立った状態でできるように工夫してみてください。

 

2.膝の関節のバランスを崩す動作を避ける

 

股関節の問題ももちろんですが、膝の関節のバランスを崩さないように気を付けることも大切です。

膝の関節のバランスを崩す動作には、

 

  • ・長時間の膝を着いた状態での動作
  • ・内股やがに股
  • ・横座り
  • ・正座を崩した座り方

 

などがあります。

これらをできるだけ避けてください。

 

3.ストレッチやトレーニングを頑張り過ぎない

 

膝や股関節に問題が起きた時、多くの方がまず考えるのが、ストレッチで筋肉に柔軟性をつけたり、トレーニングで筋力をつける対策です。

これらの対策自体は決して間違いではありません。

 

ですが、意外とストレッチやトレーニングのフォームに問題があったり、負担をかけ過ぎてしまい、かえって症状が悪化してしまうというケースが非常に多いです。

 

そのため、最初は軽い負荷からはじめ、様子を見ながら徐々に負荷を増やしてください。

また、膝や股関節だけにとらわれず、全身の動きを改善するように心がけることが、とても効果的です。

 

まずは紹介したこれら3つの対策を取りいれてください。

 

ですが、これらは主に悪化を防ぐ方法です。

痛みなどの症状がきつい場合や、これらの対策で改善がみられない場合は、膝や股関節といった骨格のバランスを整えたり、骨盤のゆがみや体重のかかり方を安定させるなど、根本的な治療を受ける必要があります。

 

 

pagetop