〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

24時間受付

お問い合わせフォームから予約する

Blog

ブログ

野球肘の炎症期に対するケア方法とは?


野球肘の炎症期に対するケア方法とは?

はじめに

 

野球肘をすみやかに治していくためには

適切なケアが必要です

 

ケアと言えば

「安静」

「冷やす」

「温める」

「ストレッチ」などなど

 

色々あります

これらのケアをしていく事は非常に大切ですが

「回復過程」を考えたケアをしていく事で

よりケアの効果が高まります

 

また、「回復過程」に合っていないケアを行うと

かえって逆効果となることもあります

 

中でも特にケアの効果が良くも悪くもなりやすい

「炎症期」について理解することは非常に重要です

 

今回は「野球肘の炎症期のケアで注意すること」をご紹介いたします

 

目次

1.「炎症期」とはどんな状態?

2.「炎症期」の適切なケアとは?

3.まとめ

 

「炎症期」とはどんな状態?

 

時期としては痛み始めて7日間くらいの時期をさします

 

この時期の野球肘は

「痛みがある」

「腫れている」

「赤みがある」

「肘が熱っぽい」

 

このような特徴があります

 

この時期は

まだ組織の修復が始まっていない状態です

 

ざっくり言うと

肘の中で傷口が開いたままの状態です

 

組織を治すための準備をしている段階です

 

腫れてしまうのは

組織に栄養や酸素、白血球などを送り込みやすくするために

血管が広がり組織液がしみだしているためです

 

痛みがあるのは

壊れた組織をさらに悪化させないために

痛みを出して患部を動かさせないようにするためです

 

熱っぽくなるのは

酵素の働きを高めたり

細菌やウィルスが繁殖しないようにするためと言われています

 

なのでどれも必要だから起きている症状なんですね

 

炎症を邪魔しすぎてしまうと

組織が治らなくなってしまいます

 

かといって促しすぎると

痛みが強く出てしまい

非常につらくなります

 

加減が大切です

 

「炎症期」の適切なケアとは?

 

では適切な加減のケアとはどんなものでしょうか?

 

まず「温めるべきか冷やすべきか?」

 

これは「冷やすべき」です

 

冷やすことで痛みが緩和するので

冷やすべきでしょう

 

あくまで痛みの緩和なので

組織を治しているわけではありません

 

あまりに冷やしすぎると

痛みは感じませんが

組織の治癒が停滞するので

かえって逆効果になってしまうこともあります

 

10分程度冷やし20分程度あけてから

再度冷やす程度にしておきましょう

 

また、痛みが出てから6時間以上たったら

冷やさないほうが良いという話もあるので

連日冷やしっぱなしにするのは避けたほうが良いでしょう

 

温めると血管がさらに広がってしまうので

浮腫みが強く出てしまい

それが原因で組織が損傷することになるので

避けましょう

 

また、炎症部位は熱を

痛みとしてとらえてしまう状態になっています

温めると痛みが増すのはこのせいです

 

ただつらいだけなので

温めるのは避けましょう

 

ストレッチはするべきか?

炎症期では避けたほうが良いです

 

組織がさらに損傷する場合があります

 

特に野球肘は

靭帯に小さな損傷がある状態が多いので

この時期にストレッチをするとかえって

悪化する可能性があります

 

また、むくんでいる場所を無理に伸ばすと

組織を損傷する場合がありますので

浮腫みが引いてから行うべきでしょう

 

「安静」をとりましょう

きちんと安静にして

組織の修復を待ちましょう

 

4~6週程度修復にかかるとされているので

それまでは我慢しましょう

 

安静といっても

寝たきりになる必要はないので

 

肘以外の部分のトレーニングを行うなど

普段できていない練習に取り組んでみましょう!

 

まとめ

 

痛みや腫れがあるうちは

肘の運動は避ける

冷やすのはOKだが冷やしすぎはダメ

 

body conditioning MOVEでは
理学療法士が
体の痛みやパフォーマンスの向上を中心にケアしています!
ご興味ある方はぜひご連絡・ご相談ください!
メッセージ・お電話お待ちしております!
ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちらから!
http://bc-move.com/contact
お電話でのご相談・ご予約はこちらから!
tel:029-350-3530

野球肘の炎症期に対するケア方法とは?
pagetop