〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

初めての方は
こちらから

ブログは
こちらから

Blog

ブログ

腰痛で右側だけ痛いあなたへ!!


腰痛で右側だけ痛いあなたへ!!

 

みなさんこんにちは。

水戸市赤塚駅前で整体院をしている、理学療法士の柴﨑です。

 

腰痛は腰痛なんだけど、右側だけ痛む…ということはありませんか?

いつもとは違う痛みは危険な病気のサインかもしれません。

今回は、腰の右側が痛む原因から、自分で疾患を見分ける方法、痛みを緩和する方法などを解説していきます。

ゆがみや無理な姿勢などで筋肉が炎症している

身体を無理にひねったり、ぎっくり腰をした後などに起こることがあります。

また、日ごろから片側にばかり重い鞄をかけていたり、左右差のある姿勢をとっていることで片側に無理がかかり、一方に痛みを生じる場合もあります。

急性虫垂炎

俗に盲腸とも呼ばれます。右下腹部に痛みが出ることで有名ですが、右腰の痛みを訴える方もいます。

椎間板ヘルニア

痛みのほかにしびれが現れ、腰を前傾させると強い痛みが生じます。

肝疾患

通常は肝臓は症状が出にくい、我慢強い臓器ですが、位置関係から肝臓に障害が起こった場合に右側の腰痛が出る場合があります。

婦人科疾患

子宮や卵巣などの病気で右側の腰痛がでる可能性があります。

例えば、急性子宮内膜炎や早発卵巣不全/POFなどでも腰痛の症状は現れます。

大腸の疾患

炎症や、ある程度進行した悪性腫瘍などでも痛みが出る場合があります。

その他

膵疾患や腎臓の疾患などでも右側の腰に痛みが出ることもあるでしょう。

受診科目

整形外科や内科などです。

検査方法

例えば、椎間板ヘルニアなどが疑われる場合には、診察ののちMRIなどの画像検査を行って詳しいヘルニアの状態を把握することになります。

一方、例えば、急性虫垂炎などが疑われる場合には診察、血液検査のほか、エコーやCT、MRIなどの画像検査が行われることになるでしょう。

治療例

椎間板ヘルニアや、急性虫垂炎の場合には、重篤な場合には外科的な手術などが考慮されると思います。

手術が選択されない場合には、お薬による治療や、あるいは整形外科的な原因の場合には装具の使用なども勧められることがあります。

処方される薬

お薬の種類は疾患の種類、またその重篤度や患者さんの体質によって異なります。

痛みが強い場合には、状態に合わせて何らかの痛み止めなどが処方されることが多いでしょう。

 

原因が生活習慣の場合

痛みの原因が、姿勢の悪さや、例えば、片側にのみ重いものを持つといった生活習慣によるものであれば下記のことで改善がみられる場合があります。

・できるだけ姿勢を正す
・筋肉トレーニングなどをしてバランスを整える
・ハイヒールや先の細い靴を避ける

原因が内臓にある場合

まずは受診をして、例えば、アルコールを控えるなど医師からの指示に従うことが大切です。

固まった体幹部をほぐすエクササイズ

自分が心地良いと思う倒し方で行いましょう。終わったら一回脱力して、全身の力を抜きます。もう1サイクル、ノビから行いましょう。

1時間に1回はすることをおすすめします。

呼吸しやすい身体を取り戻すエクササイズ

呼吸に注意しながら、この動作を、3~5往復繰り返しましょう。

呼吸が浅くなると脳への血流量も減少し、作業効率も落ちますので座ったままの体勢ででもマメに行ってみてください。

腸腰筋群の動きを取り戻すエクササイズ

長時間同じ姿勢でいると、伸びたままの組織は伸びたまま、曲がった部分の組織は曲がったまま固定化が進み、動きが悪くなります。

長時間のデスクワークでは肩凝り腰痛だけでなく、足の付け根の部分の筋肉や筋膜も硬直して組織全体が固まり、足を引き上げる機能が低下して、何でもないところで躓くようになってしまいます。

予防のためにぜひ行ってみてください。

痛みの原因が姿勢や生活習慣などにある場合は、下記のような習慣が考えられます。

■ 椅子に座って足を組む
■ 右肩、あるいは左肩のみに重い鞄などをかける
■ 長時間座り続けるなど、同じ姿勢をとり続ける
■ 沈み込むほど柔らかいベッドに寝ている

腰痛の部分を動かしたり、運動したときに痛む

筋肉やあるいは腰痛の部分の神経を何らかの原因で刺激しているなど、整形外科的な原因であることが比較的多いと考えられます。

まったく身体を動かさずに安静にしていても痛む

身体の内部の臓器の原因の場合も考えられると思います。

ただし、上記はあくまで目安に過ぎないので、少しでも自分で判断がつかずおかしいなと思ったら、早めに医療機関を受診することが大切です。

 

 

 

体の様々な情報を毎日発信しておりますので、よろしければまた、ご覧になってみてください。

 

  最後までご覧になって頂きありがとうございます。

体の事で抱え悩まれている方がおりましたら、ぜひご連絡ください。

 今後もためになる情報を発信していきます。

 

ぜひLINE登録をお願いします!!

LINE ID:@b-move

 

ブログ

http://bc-move.com/blog

 

ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちらから!

http://bc-move.com/contact

 

お電話でのご相談・ご予約はこちらから!
tel:029-350-3530

 

腰痛で右側だけ痛いあなたへ!!
pagetop