〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

初めての方は
こちらから

ブログは
こちらから

Blog

ブログ

分離症って何?原因は?部活をやっている学生必見!!理学療法士が解説!!


分離症って何?原因は?部活をやっている学生必見!!理学療法士が解説!!

 

みなさんこんにちは。

水戸市赤塚駅前で整体院をしている、理学療法士の柴﨑です。

 

 

はじめに

 

ジュニア期、成長期に活発にスポーツをする子に多く発症する腰痛。この中でも特に多いのが腰椎分離症と呼ばれる腰痛です。

軽い腰痛だと間違った認識のまま競技を続けていると、後々大きな支障をきたす事があります。今回は腰痛の中でもジュニア期に多い腰椎分離症について解説していきます。

 

目次

 

腰椎分離症とは?

②腰椎分離症の症状

③ジュニア期でスポーツをしていて腰が痛い場合は特に注意

④『腰椎すべり症』を引き起こす事も

⑤腰椎分離症を起こしやすい動作

⑥腰椎分離症の治療法

 

 

 

①腰椎分離症とは?

 

野球、バレーボール、バスケットボール、サッカー、柔道、陸上、バレエなど頻回に身体を回ししたり、屈んだり反ったりする競技に多発する腰痛の1つです。

特に10代のジュニア期、成長期のスポーツ選手に多くみられます。よく聞く病名なので簡単に考えられやすいですが、実は腰の骨の疲労骨折を起こしている状態なのです。

主な症状としては身体を後ろに反らす動きや、上半身を捻る動きで痛みが出やすいです。また患部の腰の骨を押すと痛みが生じます。運動後に痛みが強くなり、時にお尻や太ももに痛みやだるさが出る事もあります。

 

②腰椎分離症の症状

 

分離症は疲労骨折であるといいましたが、実際どのような状態になっているのかを説明していきます。

まず背骨の仕組みについて説明します。

 

一般に背骨と呼ばれていますが、正確には脊柱と呼びます。

上から7つを頚椎、その下の12個を胸椎、その下の5つを腰椎、その下を仙骨、尾骨という骨に分けられており、まとめて脊柱と呼びます。

 

腰の部分にある5つの腰椎は生理的前弯と言われる、前にカーブがあるのが特徴で、このカーブが衝撃のクッションの役割をしています。また腰椎は頸椎や胸椎と比べ、左右にひねる際の可動域が乏しいという特徴があります。

分離症は特に上から5番目の腰椎に分離症は起きやすいです。

腰椎を上から見た図です。
腰椎の前半分を椎体、後ろ半分を椎弓と呼びます。

この椎体と椎弓の境目の部分が骨折した状態が腰椎分離症です。

腰椎分離症の診断

整形外科にてレントゲンやMRI検査にて骨の状態を鑑別します。初期の段階ではレントゲンに映りにくい事もあるため、確実な診断をするならMRIが望ましいと思います。

 

③ジュニア期でスポーツをしていて腰が痛い場合は特に注意

 

 

スポーツをやっている成長期の子供で腰の痛みを訴えていたら、まず分離症を疑ってしっかりと受診する事をお勧めします。

 

分離症初期の段階では、骨折してしまった骨も適切な治療を受けることで骨が癒合して治ります。

しかし、放っておいてそのままスポーツを続けていると骨の癒合が望めなくなり、将来的に慢性腰痛となる場合があります。

年をとったときに歩くだけでも痛くなる脊柱管狭窄症になる事もありますので、しっかりと治しましょう。

 

 

④『腰椎すべり症』を引き起こす事も

分離症が完治しないままになると、分離症を起こした腰椎が前方へズレていってしまう腰椎すべり症になる可能性が高まります。

 

背骨の後ろには脊柱管と呼ばれるトンネルのような空洞があり、この脊柱管の中を血管や神経が通っています。

すべり症となるとこの脊柱管が狭くなってしまうため大事な神経を圧迫する危険性があり、足の痺れや痛みを引き起こし、長時間歩く事も困難になる事もあります。

 

⑤腰椎分離症を起こしやすい動作

 

野球やゴルフ、テニスなどのスイング動作やサッカーのキック動作などの身体をひねる動作を繰り返す事が腰へのストレスとなり分離症は起きやすくなります。

またバレーのスパイク時や陸上の幅跳びや高跳び時のように後ろに大きく反る動作も椎弓へのストレスがかかりやすく分離症が起きやすくなります。

分離症は疲労骨折が主ですから、負担のかかる動作の繰り返しによって起こります。ハリガネを繰り返し繰り返し曲げているとポキっと折れてしまうようなイメージです。

 

⑥腰椎分離症の治療法

 

病院で分離症と診断されたらスポーツを休止し安静にします。基本的に骨がくっつく事を最優先させるため、腰を固定するコルセットを巻いて、腰に負担をかける動作を禁止します。

骨の損傷程度によりますが、数ヶ月のスポーツ禁止を余儀なくされる事が多いでしょう。

スポーツの復帰時期はCT、MRIなどで検査して医師からの許可を得てからにしましょう。

 

 

 

 

最後までご覧になって頂きありがとうございます。

 

体の事で抱え悩まれている方がおりましたら、ぜひご連絡ください。

 

体の様々な情報を毎日発信しておりますので、よろしければまた、ご覧になってみてください。

 

 

 

 

ぜひLINE登録をお願いします!!

LINE ID:@b-move

 

ブログ

http://bc-move.com/blog

 

ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちらから!

http://bc-move.com/contact

 

お電話でのご相談・ご予約はこちらから!
tel:029-350-3530

 

 

pagetop