〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1丁目1

アイコン 029-350-3530

初めての方は
こちらから

ブログは
こちらから

Topics

お知らせ(一般)

 お腹の脂肪気になりませんか?それは座り方が原因かも!すぐに出来るエクササイズ紹介!!


 お腹の脂肪気になりませんか?それは座り方が原因かも!すぐに出来るエクササイズ紹介!!

 

みなさんこんにちは。

水戸市赤塚駅前で整体院をしている、理学療法士の柴﨑です。

 

 

なかなか取れないお腹周りのぜい肉や内臓脂肪…これらの原因は、姿勢の悪さが引き起こしている!?だらしないお腹周りから卒業するためにも、正しい姿勢を身に付け、美しいウエストを目指しましょう!

なぜ姿勢が悪いと、お腹にぜい肉がつくの?

 

デスクワークなど長い時間悪い姿勢でいると、骨盤がどんどん広がってしまいます。骨盤が広がると内蔵の位置が下がり、下っ腹がぽっこり。そして内臓の位置が変わったことによって内臓の動きが鈍くなり、内臓脂肪が付きやすくなります。さらにお腹まわりの血管やリンパが圧迫されて流れが悪くなるため、代謝が落ちてぜい肉が付きやすくなるのです。姿勢が悪いだけでお腹周りがだらしない体型になってしまうというわけです。

 

姿勢ひとつで身体が変わる?

 

姿勢が悪いと骨盤が広がるとお話しましたが、そのままゆがみがひどくなると、背骨や周辺の筋肉もバランスを崩し、身体のさまざまな箇所に不調が起こります。正しい姿勢をキープすることによって痩せるだけでなく、腰痛・肩こり・生理痛の改善や、免疫力・回復力の向上など全体にいい効果が期待できます。

ダイエット効果でスッキリとした体型を目指せるだけではなく、ポッコリお腹も解消され、さらに疲れにくい身体が手に入るなら、もう実践するしかありませんね!

 

仕事をしながらできる、簡単3ステップ

 

正しい姿勢になる基本はこの3ステップとなります。

1.椅子に腰を深くかける
2.重心を後ろにする
3.背もたれから拳一つ分、背中を離す

とは言っても、今までの癖をいきなり改善するのはとても大変です。正しい姿勢に慣れていないと疲れてしまいますし、意識しすぎて仕事に集中できないのではよくありません。

 

まず大切なのは正しい姿勢をキープできるだけの筋力を付けること。同じ姿勢は筋肉に大きな負担をかけるので、身体が楽な姿勢へと崩れていってしまいます。筋肉をつけるまでは、1時間に1回は席を立ち、小まめにストレッチしたり、身体を動かすなど筋肉の緊張をほぐしましょう。それだけでも正しい姿勢を無理なくキープしやすくなりますよ。

 

このように正しい姿勢を意識して、仕事をしながらウエストのシェイプアップを目指しましょう!特にお腹周りの脂肪は運動をしても落ちにくい部分でもあるので、毎日の意識で、少しづつ脂肪燃焼させていきましょう。

 お腹の脂肪気になりませんか?それは座り方が原因かも!すぐに出来るエクササイズ紹介!!

腰痛


腰痛の新しい常識教えます

 

 

「まっすぐとした姿勢で立つことが腰痛や肩こりに良い」と思っていませんか?

 

それは間違えです。

その理由について説明していきます。

 

「ヒズミ」と「ユガミ」の違いを知っていますか?

 

両方とも「歪み」という感じを書きますが意味は違っています。

一般的には

【ゆがみ】

一般相対性理論におけるゆがみとは、時空上の単位距離が質量分布によって局所的に異なってくる、という概念的な凹凸のことである

【ひずみ】

連続体力学における物体の変形状態を表す尺度であり、物体の基準(初期)状態の単位長さあたりに物体内の物質点がどれだけ変位するかを示す

とウィキペディアにありましたが・・・・

いったい何のこっちゃ!ですよね。

凄い簡単な捉え方をすると

ゆがみは「見た目が対象でなく崩れているように見える状態」

ひずみは「見た目は対象だが見えないとこでストレスが蓄積している状態」

地震などの機序は「ひずみ」にあたりますね。

見た目に変化はなくプレートがギシギシと沈んでストレスをためていくイメージです。

 

「ゆがみ」って悪いの?

さて、この話を身体に当てはめてみましょう!

「身体がゆがんでいる」ってよく聞く言葉ですね。

整体のテクニックのカイロプラクティックなどは歪みを徒手的に取り除いていきます。

テレビなどで「ゆがみ」は結構ワルモノ扱いされています。

  • 肩こりの原因は身体のゆがみだ!!
  • 腰痛は身体のゆがみが原因だ!!

などなど・・・

確かに「ゆがんで」いるよりも「まっすぐ」の方が良いのかもしれません。

しかし、この一般常識をうのみにして、

「普段から胸を張ってまっすぐにしてます」

「頭を上げて姿勢をよくしています」

と意識をいてよい姿勢を保とうとしている方いませんか??

すぐにやめてください!!

試しに10分間意識したまま立ち続けてください。

ほぼ100%腰痛・肩こりなど違和感が出てきます。

腰痛やコリが「ひずみ」の正体です。

見た目は良い姿勢に見えていますが、身体の中では筋肉が収縮し続けて小さなストレスが持続的に蓄積している状態になるのです。

「ゆがみ」を治そうとして「ひずみ」を作ってしまい、腰痛を作っている人は臨床経験上かなり多いです。

 

 

じゃあ、身体はゆがんだままでいいの?

「ゆがみ」はゆがまないと動けないから、その形になっています。

それを強制的に伸ばしたり、バキバキ整えても身体の根本の機能を改善しなければすぐに戻ってしまします。

腰痛を抱えて受診に来られる方は、だいたい「ゆがみ」と「ひずみ」が入り混じった状態です。

body conditioning MOVEではまずは「ひずみ」を取り除きます。

ひずみを取った状態になると見た目はかなり「ゆがん」だ状態になりますが、ヒズミが解消されるため腰痛やコリの改善がこの時点でできます!

この「ゆがん」だ状態から、身体の使い方や機能改善訓練を取り入れることで「ゆがみ」を正していくことが可能になるのです。

 

以上のように、まっすぐが正しいというのは間違えです。

まっすぐの中にストレスが生まれていたら逆効果になりますのでご注意を!!

 

 

body conditioning MOVEでは

体の痛みやパフォーマンスの向上を中心にケアしています!

ご興味ある方はぜひご連絡ください!

お待ちしております!

ホームページでの予約はこちらから!

http://bc-move.com/

お電話での予約はこちらから!

029-350-3530

歩くとしびれてくる?脊柱管狭窄症かも?症状と治療とは?


歩くとしびれてくる?脊柱管狭窄症かも?症状と治療とは?

 

はじめに

あなたは歩くと足がしびれてきませんか?

 

それ、「脊柱管狭窄症」かもしれません!

 

放っておくと手術が必要になることも…

 

気になる症状とその治療をレクチャーします!

 

目次

1.脊柱管狭窄症はどんな疾患?

2.実は命に関わることも…

3.手術以外の治療法とは?

 

脊柱管狭窄症はどんな疾患?

 

まずは聞きなれない「脊柱管」の解説から…

 

「脊柱管」とは

背骨の中にある管の事です

脳から続く神経がその管の中を通っています

要するに大事な神経が入った管です

 

それを踏まえて!「脊柱管狭窄症」とは

背骨の中の管が骨や靭帯、椎間板によって圧迫された状態のことを言います

 

首の位置で脊柱管が狭窄すれば

「頚椎症性脊髄症」と呼ばれますし

 

腰の位置で脊柱管が狭窄すれば

「腰部脊柱管狭窄症」と呼ばれたりします

 

どうして起こるの?

加齢によって椎間板が壊れて飛び出したり、黄色靭帯という靭帯の厚みが増してくることで起こるとされています。

また、交通事故や転落などのケガでもなることがあります

日本人は脊柱管が欧米人に比べ狭いともいわれており欧米人に比べ発症しやすいというデータもあります

 

私の臨床経験としては頸部や腰部に負担をかけた生活をしている人がなりやすいです。

アゴが上がっている姿勢の方や腰が過度に反っている方は注意が必要です。

逆に背骨がまっすぐすぎても症状が出やすいのでなんとも悩ましい疾患です。

 

実は命に関わることも…

 

典型的な症状としては以下の通りです

 

「間欠性跛行」

これは歩いていると足に痺れが出てきて、休憩が必要になる状態のことを言います

遠くまで歩けず、痛みやしびれが出るのでとても不便です

 

痛みもある

他には立て続けているときに「お尻の痛み」や「脚の痛み」などがあります

前かがみになると症状が落ち着く方は「脊柱管狭窄症」の可能性があります

 

運動麻痺もある

また、お箸がうまく使えなかったり、文字を書くのが大変になったりもします。

これは運動麻痺というもので。頸部の脊柱管が狭窄した場合に起きる症状です。

腰部で狭窄が起きると「階段でつまづく」「脚がうまく振り出せない」などがあります

 

知覚麻痺も起こる

手先や足の裏の皮が厚くなったように感じたり、触ってもよくわからなかったりすれば知覚麻痺と呼ばれる症状です

 

これだけは気をつけて欲しい!膀胱直腸障害!

おしっこや便が出にくくなっていたらすぐに病院に行きましょう!尿毒症に陥ると最悪の場合、亡くなってしまうケースもあります。

 

手術以外の治療法とは?

主な治療法は

 

・薬物療法(消炎鎮痛剤・血流の改善薬)

・物理療法(コルセット)

・手術

・理学療法(リハビリ)

 

これらがよく行われています

 

しかし根本的な原因は「脊柱管の狭窄」という物理的な圧迫なので

根本的な解決を目指す場合は手術か理学療法しかありません

 

特に骨の変形や靭帯の膨らみが著しい場合は手術以外の治療法はないと言えます

やみくもに手術を避け続けると神経が痛んでしまい

たとえ手術をしても痺れがとれないことがありますので適切な対応が求められます

 

軽症例の場合は理学療法で症状が軽くなる場合があります

姿勢の調整をすることで狭くなった脊柱管に余裕を持たせることが出来ます!

お医者さまに「手術以外方法が無い」と言われた方でも理学療法を受けて治る方もいらっしゃいます

手術はまだやりたくないという方は一度、理学療法をうけてみると良いでしょう

 

まとめ

脊柱管狭窄症とは

神経の管が骨や靭帯によって狭くなる病気

おしっこや便が出ないときは注意が必要

治療は手術が怖い場合は理学療法がおススメ!

歩くとしびれてくる?脊柱管狭窄症かも?症状と治療とは?
1 / 212
pagetop